読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

発達障害・ADHDとも言われる、「多動・過集中」という個性について俺っちが紹介するぜ!  〜 世の中こんな人もいるよ 〜

 

f:id:yugakusya00X:20170401103905p:plain

どーも、どーも! 貴継(たかつぐ)です!

 

f:id:yugakusya00X:20170402220259j:plain

世の中ってさぁ、いろんな人がいるよねぇ....?

 

見た目、性格、考え方....

どれをとっても全く同じ人なんていない!

 

「個性」ってヤツだ!!!

 

 

....が、

 

全員が全員、そんな自分の個性を思う存分に発揮して、ありのままに生きていくなんてことは、できていないんじゃないの?

 

 

むしろ個性は抑圧される、

ありのままの自分でいたら、すぐに周りのみんなから仲間はずれにされる....

 

 

 

みなさん

もはや言うまでもないのかもしれないが、

 

今の世の中では、「みんなと一緒じゃなければいけない」

 

 

この圧力がものすごく強いよねぇ!?

 

有りあまる個性を表に出したとき....

そんな人はいじめられて、仲間はずれにされてしまうのさ....

 

寂しい世の中だぜ....

 

かくいう俺っちも、身なり服装、考え方...が、まあ独特なヤツなもんで

 

全く活躍できなかったぞおおおおおおお

 

.....今までは!

 

活躍する居場所を見つけられなかった、不器用すぎたぜ!

 

 

 

 

 

今は見つけたぜ、ブログブログブログ....

 

 

 

 

 

で、俺っちの持つ個性....

 

それは、

 

・自分の好きなことにばかり集中してしまうということ

 

だけど

 

・一つのことに集中していられないということ

 

 

なんだダァアアアア!

 

 

うん、

 

自分の好きなことしかできないヤツなんだ!

 

「みんなそんなもんだろ」

「なんてわがままなヤツだ!」

 

なんて反応がくるのは分かってらぁ!

 

 

その度合いが

マジハンパねぇええええええええのさ!

 

 

ほんとにいやほんとにしゃれにならないくらいに....

 

 

自分だけの悩みだと思っていた

だけど、こんな人は俺っちだけではないということに気がつき始める....

 

こんな個性を持つ人をタイプとして分けると

 

「多動・過集中」という呼び方をされるようだ!

 

 

 

もっともっとこんな人もいるんだゼということを知ってもらいたい!

 

 

 

 

 そんなワケで、今回は、数ある人の個性.... の内のひとつ、

 

「多動・過集中」について紹介するぜ!

 

 

1.とにかく落ち着いていられない

まず自分の事例を挙げよう....!

 

俺っちはね、子どものころからじっとしていられなかったのよ!

 

ダダダダダダ!!!!

よく動きまわる!

 

f:id:yugakusya00X:20170331173340p:plain

ガタガタガタ!!!!

貧乏揺すり!

 

f:id:yugakusya00X:20170331173721p:plain

バタバタバタ!!!!

まったく落ち着きがない!

 

だけども、普段は学校なんかで、机でじっとしていることを求められる!

 

....これがキツい!

 

学校!!!

 

f:id:yugakusya00X:20170331173839p:plain

ほんとにキツかったあああああああああああ!!!!

 

人が話しているときにも意識が他のところにそれてしまう

だから話の内容がまったく入ない

そんで

「お前は人の話が聞けないヤツだな!悪いことだぞソレは!」

と、よく叱られる

 

結局そうならないように、「偽りの自己」を演じるしかなくなる

 

「過剰適応」とも言われる反応だ!

 

赤字で書いたことについては、また後日記事にするぜ!

 

 

 

 

 

 

一般的に言われている傾向をまとめてみる!

 

・ すぐに気がそれてしまうので、一つの作業が続けられない

・じっとし続けられない

・作業で細かなミスを連発!

 

 

 

なんてところだな!

 

 

 2.自分の好きなことに異様に集中してしまう

 

ここで書く「異様に」ってのはあくまで「他人から見て」ってことであって、

ベツに悪いことではないぜ!

 

俺っち自身についてだが、

 

自分の好きなこと、

楽しいと思うことを

 

いつの間にか

無意識に

遊びまくっちゃうんだよねえ!

 

受験期には音楽にハマっちまうし.....

 

 

 

お受験....、普通そのタイミングでハマる!?

我慢できなかったよねマジで!!!

 

 

そのお受験の時期でも、自分の好きな科目があって、

 

日本史や国語がメチャクチャ楽しいと思っていた時には

自分でもビビったけども、いつの間にか模試で同じ学年のなかでNo.1になってたり

 

とにかくこの過集中状態になっているときは

なにをしていても、

まったく苦労している感覚はない

 

だから、人からは一見努力をしているように見えるものも

過集中状態の本人にとっては、ただ楽しくてやっているだけだから

自然と結果がついてくるだけ、という

 

 

反対に、自分の興味のないもの、同じ時期で言えば英語のお勉強がサイアクだった....!

ビリから5番目ぐらい....だったよなぁ、たしか!?

 

まったく集中できねえ!

 

だって楽しくないんだもんさ....!

 

興味のない、楽しいと思わないものには徹底して集中できない

 

これもこの個性の大きな特徴の一つになる!

 

受け身の行動はほとんど集中できなくなってしまうから、

生きていく上で、

環境によっては致命的なデメリットになってしまうことも、あまりにも多い...!

 

「そんなのは甘えだああああああ!」

 

そのセリフは何度も言われたよおおおおおおお!!!

 

ほんとに人から言われた行動、すべておギョーギよく頑張ったんだよ!?

だけど、全部、まったく、なんにもできなかったあああああああ!!!

 

具体的に、どれだけできなかったのかをここで紹介しよう...!

 

・高校三年生の3学期!

 つまり、受験生にとって、お受験本番の時期!

 この時期に

 

 minor

 

 

 「おい、貴継(たかつぐ)これ読んでみろ!

  これはさすがに読めるでしょ!?」

  

  と、英語のセンセー

 

俺っち「...!? (なんだこれ!? まったく読めねええええ!

    ...みのる!? ミノール!? ...ええい!)

     センセー、ミナーですね!?」

 

センセー「はあああああああ!?

     何言ってんだよ!!

     マイナーだよ!!」

 

俺っち「」

 

 

......

 

 

......

 

 

 

 

!?

 

 

あれ!? 

 

 

あああああああああああああああああああああああああああ!!!!

れれれれれえれれれれれれれれれれれれれれれれれれれれれ!!??

えええええええええええええええええええええええええええ????

 

 

いや、そんぐらいわかるよ!?

 

あれ、でも今読めなかったぞ!?

 

!?!?!?!?

 

えっあれっえっあれっえっあれっえっあれっ!?

 

 

......

 

 

ドーユーコト?

 

 

続いて!

 

 

 

 

・あれは20歳のとき....運転免許!

 自動車学校は卒業したものの、

 車を使う必要性も特に感じていなかった俺っちは、

 筆記試験を中々受けずに、先送りをしていた...!

 

f:id:yugakusya00X:20170331174741p:plain

   「はよ取れや!」

 

 当時も、そうツッコマれたが、

 そのときは、また歴史など自分の好きなものに過集中をしていて

 それどころではなかったのだ!!!

 

 で、期限を切らしてしまう

 

 しまったあああああああああああああ!!!

 

 

数年後また取り直すことに!

 

 

 

......

 

 

 

もうね、こんなことが日常茶飯事!

 

これが自分なのさ!

 

努力をしても頭が反応しない付いてこない!

   

    

まあ、この後の人生でも過集中と言える状態になった時はあるけども、

分かりやすい俺っちの例はこんなもんだな!

 

 

 

 

では、世に言われる過集中の

 

傾向をまとめてみる!

 

・自分の好きなこと、興味のあることに自分でも気付かないくらいに、無意識に全力 で集中してしまう

 

場合によっては

 

人との約束の時間を忘れたり、

仕事をすっぽかしてしまう

 

 

など、「今しなければならないこと」ができなくなる

 

 

3.場合によっては障害(障がい)として扱われてしまうこともあるもの

 

多動や過集中という個性は、今の世の中では、生きづらさにつながってしまうことが、

あまりにも多いんだ...!

 

だから、人によっては発達障害と診断されることもあるモノだ!

 

 

発達障害ってなあに?」

 

 

聞きおぼえがない人も多いだろう...!

 

分かりやすいリンクを張っておこう!

 

www.gov-online.go.jp

 

発達障害 - Wikipedia

 

www.mhlw.go.jp

こんな感じだ!

 

まあなんとも個性的!

 

だけど生きづらいよなあ!

 

多動・過集中は、発達障害というくくりの中では、

 

 「ADHD」 と呼ばれる!

 

日本語での正式名称は、

 

   「注意欠陥・多動性障害」

 

という!

 

f:id:yugakusya00X:20170401104550j:plain

 

分かりやすいリンクを張っておく!

 

http://tps://ja.wikipedia.org/wiki/注意欠陥・多動性障害

 

h-navi.jp

 

www.skincare-univ.com

 

 

「文章だけじゃワカンネエよ!」

 

まあそうだろう!

実感がわかないだろうね!

 

ということで、

 

動画を紹介しよう!

 

ほいっ

 

www.youtube.com

 

 

ほいっ

 

www.youtube.com

 

こんな感じの個性だ! 

大変そうでしょ?

 

 

だけどさ、これってさ、

 

環境を変えれば、改善できることなんじゃないの?

 

俺っちはそう思った!

 

今の世の中は、あまりにも、

 

「効率よく動かなければいけない」

 

そんな環境になってしまっているように感じる!

 

限りなく効率的に、人の指示どおりに、ムダがなく....

 

そんな中で、ちょっと昔だったら、

「うっかり屋さん」 や 「天然ボケ」

で済んでいた個性も、すぐに、過剰に排除されてしまう....

 

なんというか、遊びがないんだよ

 

ものごとの全てにおいてさ

 

 

 

...ちょっと話は逸れるかもしれないけど書かせてくれ!

 

効率化された世の中は、たしかに便利になったよ、うん

便利な道具、機械もある

SNSができて、一瞬で情報が多くの人に広められるようにもなった

お金を払えばどんなサービスも受けられる

みんなテクノロジーのおかげさ

 

f:id:yugakusya00X:20170331175706p:plain

けれども、

その中で生きている人々は、

テクノロジーの生み出した便利さと引き換えに、

 

人間が心地よく生活できるペースを捨てて

 

テクノロジーのスピードに合わせなければいけなくなっちゃったよね?

 

f:id:yugakusya00X:20170401091829j:plain

[http://photo credit: Kecko SBB - EIZ Erstfeld via photopin (license)]

 

便利になって、いろんな作業を終わらせる時間はメチャクチャ短くなった!

 

だけど、

 

短くなったぶんヒマになったかと言われれば、そうじゃない...

 

 

......

 

 

昔、予想されていたSFチックな近未来像では、

 

「人は、ロボットなどの科学技術、テクノロジーの進歩によって

 今まで行っていた作業や労働から解放されて、働かないで

 遊んで暮らせるようになる」

 

....なんて予想されていたけれども、現実はどうか!!!

 

 

今度は、ヒマになって空いた時間にべつの作業を詰め込んでくる!

仕事しかり、日常の動作しかり....

 

あれ、メチャクチャいそがしくね!?

 

 

いや、そこで遊べよwwwwww

 

 

 

と、ツッコミをいれたいが、

実際今はどんどん遊びがなくなってしまっているよね?

 

人間がどんどんロボットみたいになってるよね?

 

f:id:yugakusya00X:20170401095817j:plain

[http://photo credit: Yosh the Fishhead Jaw via photopin (license)]

 

 

 

考える余裕もない、失敗したら罵倒される、異常にいそがしい....

 

これじゃ、個性がどうこう、とか言ってられなくなっちまうよね、やっぱり....

 

効率化を求めすぎたら潰されちまうよ、人間の個性なんて....

 

 

あああああああああああああ!!!!

 

 

もうムリ!

 

 

うん、本当は余裕ができた分の時間は遊びに使うのがいいんだよ!

 

 

 

だから、俺っちは、あるだけの時間はできる限り

 

遊びに使おうと思う!

 

便利さが極限にまで実現できる社会になった

 

だからこそ、個性が活躍できる

 

 

そんな世界で生きたい!!!

 

 

だから多動・過集中の人が活躍できる方法を自分なりに考えてみる!

 

  

4.俺っちが思う、この個性の活かしかた

 

多動・過集中という個性は一体、どうやったらよりよく活かせられるのか?

 

 

 

考えてみた!

 

まず、多動・過集中の人は

 

受け身の行動が極端に苦手なんだ!

 

人から受けた指示があっても、すぐに気がそれちゃうし、

ミスは連発するし、話は聴けないし...

 

受け身で「〜しなければならない!」

という意識が働いたら負け!

その時点でなんにも集中できなくなってしまうんだ!

 

f:id:yugakusya00X:20170401103905p:plain

 

逆に、興味のある、楽しいと思うことには全力が出せちゃうんだよね!

 

だから

 

うん、

 

自分の興味のない、楽しいと思わないことはやめよう!

 

そして

 

自分の楽しいと思うことを全力でやろう!

 

 

 

 

カンタンなことよ!!!

 

....言葉の上ではね

 

 

 

じゃあ、具体的には!? 

どうすりゃいいのよ!?

 

 

俺っち自身は

 

個人事業主フリーランス

 

www.lancers.jp

 

という道で活動することを選んだ...!!!

 

今のところ、

これが一番

自分の楽しいと思うことを、自分のペースで、楽しみながら

生活できるための手段

ということになるだろう!

 

元々、俺っちはもっと自分から動いて活動したい人間なもんで、

自分が受け身になってしまう環境にはいられなんでね...!

 

受け身は地獄だあああああああああああああ!!!!!

 

 

個人事業主フリーランス」というナリワイの持ち方....

 

これは会社に雇われて働くのとは違って、

 

自分のペースで、活動できるからね!

 

まあ、お客さんからの仕事を受ける時には、

相手の方との日程の擦り合わせは必要になってくるんだけれども、

 

自分がその仕事をできるかできないかは、

自分のペースや力量を理解してさえいれば、

調整することができる!!!

 

これが、マイペースな個性を持っている人には大きな利点になるだろう!!!

 

ほんとにもう俺っちは会社どころか、

学校の時点で受け身の環境はもう完全にアウトだったもんで...(涙)

 

 

ではまとめよう! 

 

・自分の好きなこと、楽しいと思って全力で集中できるものを

個人事業主フリーランス」という形でナリワイにしていく

 

 

これが現状での答え!

 

まだまだ俺っち自身

個人事業主フリーランス

として活動しはじめたばかりだけれども、実践していくぜ!フォオオオオ!

 

 

 

 

 

 

 5.結び!

 

 

f:id:yugakusya00X:20170402221834j:plain

※メガネに付けている手ぬぐいはこの「結び!」をするときに使います。

 

 

多動・過集中とは

 

・落ち着きがなく、一つのことに集中できないが、

 「自分の好きなこと、楽しいと思うこと」には無意識にでも全力で集中する特性を持つ

 

 

・環境に適応できないと、場合によっては

 発達障害ADHDまたは注意欠陥・多動性障害)

 と診断されることもある

 

・環境や手段を変えれば活躍できる!

 

 

だ!

 

 

 

自分の個性を「よいもの」だと思うのか、

逆に「悪いもの」だと思うのか、

 

活躍できるかは、すべて「ものの見かた」しだい!

 

俺っちこれからもっと色んな人たちと関わって

いっしょに面白いことをしたい!

いっしょに遊びたい、楽しみたい!

 

だから、必要なことをどんどん発信するぜ!

 

いっしょに、どんどんよりよく生きていこうぜ!

 

 

 

すべての遊楽者たちへ!